トピックス

『もったいないばあさんのおはなし会』開催

真珠まりこさんが長門市立図書館にやってくる!

●新館開館20周年記念企画!!絵本作家の真珠まりこさんのおはなし会&講演会を行います
  • もったいないばあさんのおはなし会
  • 日にち|2019年3月16日土曜日
  • 時 間|午後2時~午後3時10分
    (午後1時30分受付開始)
  • 対 象|3歳以上ならどなたでも
  • 定 員|100名
  • 持参物|筆記用具
おはなし会の後に講演会を行います。
おはなし会と講演会はそれぞれに申込が必要です。
  • 講演会『絵本の話』
  • 時 間|午後3時15分~(30分程度)
  • 対 象|大人のみ
  • 定 員|30名
  • 問合せ|長門市立図書館 電話番号 0837-26-5123
入場無料です!事前申し込みが必要となりますので、電話または来館にてお申込みください。

3月の休館日のお知らせ

  • 毎週月曜日
  • 3月21日(木)祝日・春分の日
※ゆや分館の資料点検は3月4日(月)~3月8日(金)で行います。期間中はゆや分館のみ休館となりますが、ゆや分館所蔵資料等のお問合せ、取り寄せも停止いたしますのでご了承ください。

【おもちゃの森】開催時間変更のお知らせ

2019年1月から10時からになります!!

●開催日は毎月第2木曜で変更ありません。
木のおもちゃで遊んだり、絵本を読んだり、楽しい時間を過ごしませんか?
ご参加お待ちしています★

新しいサービスのお知らせ

新着資料配信サービス(SDI)開始!

 自身が登録したテーマをキーワードとして、新着資料の情報をメールで自動配信します。サービスの利用には、メールアドレスの登録が必要です。
 キーワードの登録は図書館HPの『検索・予約』→『新着テーマ参照』より行えます。※メールアドレスの登録もWeb上で可能です。

2・3月の展示

いい涙、流しませんか?

最近泣いたのはいつですか?
悲しいとき、悔しいとき、嬉しいとき、泣く理由はさまざま。「泣く」という行為には、ストレスを解消する効果があるそうです。
しかし私たちに「泣く」という言葉がイメージされるものはどうでしょうか?
そこで今回は、みなさんに「泣く」イメージを変え、大いに涙を流してもらいたいと思います。

泣くことは、心のデトックス

感情が高ぶって流す涙には、ストレスの原因物質を体外に排出する大切な役割もあります。
本を読んで思いっきり泣いてストレス発散!!無性に泣きたくなった方はぜひお試しください。
※貸出中の本につきましてはご予約が可能です。

3月の映画上映


  • 『恋愛小説家』(1998年・アメリカ/上映時間 138分)
    出演: ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、グレッグ・キニア、キューバ・グッディングJr 他
    ◆甘い恋愛小説で暮らしを立てているくせに、極めつけの毒舌家で異常なほどの潔癖症。誰もが認める変人男のメルビンが、なんど子持ちのウェイトレスのキャロルに恋をした。 想いは募る一方なのに、口を開けば暴言ばかり・・・果たして偏屈な恋愛小説家にハッピーエンドはやってくるのか??!
  • 上映期間|3月13日(水)~3月17日(日)
  • 上映場所|長門市立図書館2階視聴覚室
  • ※イベント等により上映のない日があります。上映予定を確認の上ご来館ください。

3月のアニメ上映

  • 3月2日(土)『釜石の“奇跡”子どもたちが語る3.11』(上映時間:49分)
    *東日本大震災で巨大津波に襲われ、1000人を超す人が命を落としたり、行方が分からなくなるという甚大な被害を被った釜石市。その中で起こった“奇跡”と呼ばれる出来事・・・ 子どもたちの証言をもとに、震災当日の出来事をアニメーションで再現します。
  • 3月23日(土)『げんきげんきノンタン がんばるもん』(上映時間:32分)
    *元気いっぱいノンタンが、絵本から飛び出した!!
    友だちのとの遊びの中から色々な事を学ぶ子どもたち。そんな姿がノンタンのストーリーの中にいっぱい詰まっています。 「がんばるもん」「およぐのだいすき」「ノンタンのたんじょうび」などのおはなしとノンタンといっしょにチャレンジするアニメをお届けします。
場所:2F 視聴覚室
時間:13:30~

図書館学習講座

読んだら面白かった江戸の読み物

素人でも楽しめる江戸の文芸

 山東京伝、曲亭馬琴、十返舎一九、井原西鶴、近松門左衛門など教科書でしか知らない人たちの読み物を江戸時代に発行された和本で読みます。
 くずし字を読んだことがない方も、気楽に参加してください。学生の皆さんを含め、多くの方のご参加をお待ちしています。
  • 日  時|平成30年4月~平成31年3月 第1・4土曜日 10:00~12:00
    (図書館の都合等により休講の場合があります。)
  • 講  師|萩原 茂生 氏(古書店主)
  • 場  所|長門市立図書館 2階 視聴覚室
  • 参 加 費|テキスト代 100円/月(学生無料)
  • 募集人数|20名程度
  • 申込期間|随時(途中からの参加も可能です。)
  • 申 込 先|長門市立図書館へ電話または申込票を提出
※途中からの参加も可能ですので、お気軽にご参加ください。
※くずし字講座の開催曜日を『第1・4木曜日』と掲載しておりましたが、正しくは『第1・4土曜日』でした。訂正し、お詫び申し上げます。

過去の イベントはこちらから☆

図書館からのお知らせ

行事予定

  • 本 館2019年3月1日(金)10:30~ ひなの会(1Fおはなしのへや)
  • 本 館2019年3月2日(土)10:00~ くずし字講座(2F視聴覚室)
  • 本 館2019年3月2日(土)11:00~ かみしばい(1Fおはなしのへや)
  • 本 館2019年3月2日(土)13:30~ アニメ上映(2F視聴覚室)
  • 本 館2019年3月3日(日)14:00~ 図鑑DVD上映会『深海生物』(2F視聴覚室)
  • 本 館2019年3月7日(木)13:30~ 白露木曜会(2F研修室)
  • 本 館2019年3月9日(土)15:00~ おはなしの森(1Fおはなしのへや)
  • 分 館2019年3月9日(土)15:30~ よみっこくらぶ(お話の部屋)
  • 本 館2019年3月14日(木)10:30~ 絵本を楽しむ会(1Fおはなしのへや)
  • 本 館2019年3月14日(木)10:00~ おもちゃの森(2F視聴覚室)
  • 本 館2019年3月16日(土)14:00~ もったいないばあさんのおはなし会(2F視聴覚室)
  • 本 館2019年3月16日(土)11:00~ さっちゃんのかみしばい(1Fおはなしのへや)
  • 本 館2019年3月16日(土)15:00~ かみしばい(1Fおはなしのへや)
  • 分 館2019年3月19日(火)10:30~ ゆりかご(お話の部屋)
  • 本 館2019年3月22日(金)10:30~ たまごの会(1Fおはなしのへや)
  • 本 館2019年3月23日(土)10:00~ くずし字講座(2F視聴覚室)
  • 本 館2019年3月23日(土)13:30~ アニメ上映(2F視聴覚室)
  • 本 館2019年3月23日(土)14:00~ 長門読書会(2F研修室)
  • 分 館2019年3月23日(土)15:30~ よみっこくらぶ(お話の部屋)
  • 本 館2019年3月27日(水)13:30~ 図書館サポートボランティア定例会(2F研修室)

検索・予約システムをご利用されるにあたって

「利用状況の確認」のうち「予約状況」は、WEB上に反映されるまでお時間を頂くようになります。
初めてWEB予約をご利用の場合は、事前にメールアドレス・パスワードの登録が必要です。
(図書館で受け付けております。電話申請不可。)
注意:「資料検索・予約」のご利用の中で一部表示と実際の取り扱いが異なる場合が あります。
検索結果から本の名前をクリックすると「資料の詳細」が表示されます。
この表示中「館 移動図書館 、場所 BM」と表示された資料は、「貸出できます」と表示されても予約できません。 BM(=移動図書館車)の資料の予約・貸出につきましては、本館・カウンターにてお尋ねください。


『本図書館資料検索予約システム』では、Microsoft社製「Internet Explorer9」以降のブラウザに対応しております。 ただし、ご利用になる環境・設定によっては、正常に表示できない場合がありますのでご了承願います。なお、その場合に発生する、利用者ご本人または第三者のいかなる損害に対しても長門市立図書館は一切の責任を負いませんので、ご注意ください。

スマートフォン・携帯電話から資料検索・予約する場合

 下記のアドレスを入力またはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
【スマートフォン用】
https://ilisod001.apsel.jp/nagato-lib/sp/search/advance
スマートフォンから資料検索・予約にアクセスするためのQRコード
【従来型の携帯電話用】
https://ilisod001.apsel.jp/nagato-lib/wopc/pc/mSrv
携帯電話から資料検索・予約にアクセスするためのQRコード

※QRコードをクリックすると大きいサイズのものが表示されます。

利用者の皆様へ

 新聞・テレビ等の報道によりご存知だと思いますが、県内各地の公立図書館の蔵書が盗難にあう被害が発生いたしました。当館におきましても、数年前から異常を察知しており、不審者を特定するための監視活動を続けておりました。2012年の春にそれを特定することができ、警察署と連携して犯人逮捕に至り、蔵書が返還されました。 その間利用者の皆様には、ご利用になりたい本が見当たらず、ご不便をおかけしてきましたことをお詫びいたします。
 これで全く盗難が無くなるわけではありませんので、引き続き警戒にあたるとともに、カメラでの録画や新たな装置による盗難防止を図りたいと考えております。
 利用者の皆様の中には、警戒態勢を不快に感じられている方もあるやに聞いておりますが、市民の共有財産である蔵書を守るため、善意の方ばかりでない現状をご理解いただき、引き続き盗難防止にご理解とご協力をお願いいたします。

カウンター